オーケストラの特徴と違い

オーケストラの特徴と違い

オーケストラとは、管弦楽団とも呼ばれ複数の弦楽器や管楽器および打楽器で編成した音楽を演奏するための団体のことをいいます。
主にクラシッを中心に演奏することが多いが、ラテン音楽やジャズ、その他のジャンルを演奏する団体も多くあります。

 

オーケストラはさまざまな団体がありますが、それぞれ特有の特徴が備えられています。
各演奏者技術力がトップクラスで高く、全体的にバランスのとれている楽団や昔ながらの伝統的な奏法や曲への解釈を守り続けており、昔ながらの演奏を楽しむことができる管弦楽団などの特徴を備えている楽団もあるのです。

 

また音楽の違いは指揮者によっても現れます。
指揮者は演奏のスピード、どの楽器を目立たせて音の大きさなどを組み立てて曲の全体像を完成させます。
そのため、同じオーケストラが同じ曲を演奏したとしても違う指揮者が指揮をとることによって解釈やスピードが異なるため、全く別の印象を受けます。
指揮者によって演奏者のモチベーションも違うため音も異なってきます。

 

オーケストラの違いを理解をして、振るっている指揮者のことを考えながら音を聞くことによってより曲への理解を深めて音の違いを楽しむことができるようになります。

 

アルトサックスはオーケストラでも活躍します。
また、ジャズでもソロを多く担当するなど人気の楽器です。
独学で始めるなら、アルトサックスのDVD教本がわかりやすいです。